お知らせ

2015.12.17

その定期保険って必要?

皆さんがあまり意識せず?加入している定期保険、それって本当に必要ですか?

お客様の加入している、他店で契約した保険証券を拝見しているとよくあるのが例えば60歳までの3000万円や5000万円など、割としっかりした金額の定期保険です。万一のときに掛けておくのが保険なので、それ自体を否定するつもりはありませんが、私はそういうのをみると必ずお客様に聞きます。

「それは何のために掛けてるんですか?」

実は割とその保険に入っている理由があいまいで答えられない方が多いんです。

昔から入っている保険で、その担当者がこの保険への切り替えを勧めたから。とか

何かあったらこのくらい必要ですよね?って言われたから。とか

 

家族を養う立場の方ならばそれでもいいでしょう。

でもたまに独身の方とか、専業主婦でご主人には安定した収入と万一のための相当額の保険があるような方とか、ホンマに必要?って思ってしまうような方が掛けてたりします。

そういう内容の保険料って結構バカになりません。大体月額数千円の後半、もしくは1万円以上も払っている場合もあります。

 

仮に30歳の男性が3000万円の60歳までの定期保険で月額1万円としますと、60歳までの払込保険料総額は1万円×12か月×30年=360万円

結構大金ですよね。これが何もなかったらほぼ返戻金はないので捨ててしまうようなもの。(保険代理店がそんな表現は問題アリかもしれませんが皆さんにわかりやすく表現してます。。)

 

ちなみに30歳男性60歳までに亡くなる確率は約8%

皆さんは天気予報で降水確率10%のときに傘の用意をしますか?

皆さんは志望校の合格可能性がE判定(20%以下)でもその志望校を受験しようと思いますか?

 

でも、年末ジャンボ宝くじの1等7億円の当せん確率が2000万分の1(0.000005%)と分かっていても自分は当たるんじゃないかと思って購入してしまうし・・・

また、例えばロシアンルーレット(1/6前後:約17%)で引き金を引けますか?と言われると私はヘタレなのでよう引きませんし、住宅が火災に遭う確率は年間で約4000分の1(0.025%)なのに火災保険には加入しているし。

そう考えると世の中理屈だけではないと思います。

宝くじは普通に働いたら一生かかっても稼げない額が当たる可能性があるし、火事に遭ってしまうと莫大な損害が出てしまうでしょうし、ロシアンルーレットで当たりが出たら死んじゃうし。。

要はそれが費用対効果を分かった上で必要かどうか判断することが大事なんです!

 

でも私個人としては30歳で独身の方は、特にその数千万円もの保険金を渡したい人がいない限り要らないんじゃないかと思います。だってそれを受け取る確率たったの8%ですから!!しかもそれってあったらうれしいけどなくても困らないものですし、何よりそのためにそれまでの保険料360万円も払うわけですから!!!

というわけで皆さんが掛けているその定期保険、本当に必要ですか?

是非一度考えてみてはいかがでしょうか。。